読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嶌田井書店

風の通る或る町に、稀にしか辿り着けない書店がある。

葵夏葉『自選詩集 死にたくなるほど優しい夜に』

文学フリマ獲得品感想

文フリ東京で入手した『自選詩集 死にたくなるほど優しい夜に』を読んだ。

 

この作者の作品は初めて読んだと思うが、とても知的な作風である。言葉遊びのようなものもあるし、また、リフレインや対句など、技巧的なところも見られる。

 

他方で、五感に訴えてくるところもある。視覚だけでなく、触覚や、嗅覚まで。それはきっと、遠い記憶を呼び覚ますような詩なのだ。

 

特に好きだったのは「海馬」。

 

(篠田くらげ)

広告を非表示にする